昆虫食 ヨラドッグフードの成分 最新情報|あなたの質問点即刻クリア可能!

スポンサーリンク
ドッグフード

大好きな愛犬だからこそ、普段あげているドッグフードに使われる食材成分や原材料が気になるところですよね

どんな食材を使っているドッグフードなのか?
そのドックフードで充分な栄養が摂取可能なのか?

今回はこの点について調べてみました。

昆虫食 ヨラドッグフードは、どんな食材を使っているドッグフードなのか?

多くのドッグフードで使用されている””””””などとの違いは飼育の過程で抗生物質を使っているかどうかです。
愛犬にはより安全な食べ物を与えたいのが親心ですもんね

昆虫食 ヨラドッグフードなら薬品によるリスクがないドッグフードです。

ヨラドッグフードの原材料一覧

昆虫 42.5%(乾燥昆虫27%、昆虫 8.5%、昆虫オイル 7%)、オーツ麦、ジャガイモ、トウモロコシ、エンドウ豆、ビール酵母、海藻、亜麻仁、トマト搾滓、乾燥ビート、チコリー繊維、乾燥カボチャ、乾燥ニンジン、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、乾燥ケール、乾燥パセリ、ユッカエキス、酸化防止剤(植物油性トコフェロールエキス)、ビタミン類(A 、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅 、ヨウ素、セレン)

香料・着色料なども一切不使用なので、原材料本来の香りにより愛犬の食欲を促進させます。

ヨラドッグフードの成分分析一覧

タンパク質 24%以上、脂質 15%以上、粗繊維 5%以下、灰分 8%以下、水分9%以下、オメガ6脂肪酸 4.2%、オメガ3脂肪酸 0.5%、カルシウム 1.2%、エネルギー(100gあたり)361kcal

ドッグフード アレルギー体質の愛犬をはじめ、皮膚の湿疹原因となりやすい原因をCUT
ヨラドッグフードはグルテンフリー(小麦・グルテン・イーストなど)グルテンアレルギー体質の愛犬にも安心ですね

ヨラドッグフードは昆虫のみの単一タンパク!

次世代のタンパク質といわれる昆虫は他のタンパク質源とは異なり、消化の良い低刺激性。
肉類や他のアレルギーになりやすい食材と比べると、相対的にアレルギーの原因になる確率が低いと言われています。
お肉が食べられないからといって野菜や果物が主原料のフードだけだと、栄養が不足という疑問も解消

昆虫食 ヨラドッグフードで充分な栄養が摂取可能なのか?

昆虫は栄養の宝庫
数々の研究の結果、実は昆虫の方が肉類よりも栄養価が高いことがわかりました。

昆虫は良質なタンパク質をたっぷり含んでいて、肉類より栄養吸収率が高いことが報告されています。

腸内環境を整える働きのあるじゃが芋

ジャガイモは愛犬にとって消化いやすい重要な炭水化物源です。

ビタミンC、カリウム、食物繊維も豊富に含まれている

豊富な食物繊維のオーツ麦

他の穀物と比べてGI値が低い炭水化物源。

愛犬の体が必要とするビタミンやミネラル

※ヨラドッグフードはグルテンフリー(小麦・グルテン・イーストなど)グルテンアレルギー体質の愛犬にも安心

このほかにもビタミンB・葉酸に食物繊維なども豊富に配合されているので、栄養充分な愛犬に嬉しいドッグフードです。

昆虫食 ヨラドッグフードの成分 まとめ

  • ヨラドックフードは昆虫がタンパク源
  • アレルギー体質の愛犬にも安心
  • グルテンフリー

昆虫食は次世代の食糧をサポートすると言われているものですから豊富なタンパク源と消化の良さも学者からもお墨付きなんです。

今までのドックフードからバランス比を徐々に調整して与えることから始めてみませんか?

>> 高い栄養価と厳選した原材料を配合したドッグフードで愛犬も安心

タイトルとURLをコピーしました